エラーメッセージ

次の表はシステムログファイルに出てくるメッセージを一覧表示しています。この一覧は網羅的なものではなく、単に一般的な発生しうる注目を要するであろう警告メッセージを説明しているだけです。

Fatal Process Messages

Accept port is not between 1 and 65535. Please check configuration
The port specified in records.config that accepts incoming HTTP requests is not valid.
Self loop is detected in parent proxy configuration
親プロキシーの名前とポートが Traffic Server のものと一致しています。これは Traffic Server が親プロキシーにリクエストを送信しようとする際にループを引き起こします。

Process Warnings

<Logfile> error: error_number
一般的なロギングエラーです。
Bad cluster major version range <version1-version2> for node <IP address> connect failed
互換性の無いソフトウェアのバージョンが問題を引き起こしています。
Connect by disallowed client <IP address>, closing
指定されたクライアントは Traffic Server へのアクセスを許可されていません。クライアントの IP アドレスが ip_allow.config ファイル内に記載されていません。
Could not rename log <filename> to <rolled filename>
ロール中にログファイルをリネームしようとした際のシステムエラーです。
Did <this amount> of backup; still to do <remaining amount>
輻輳が発生しそうです。
Different clustering minor versions <version1, version2> for node <IP address> continuing
互換性の無いソフトウェアのバージョンが問題を引き起こしています。
Log format symbol <symbol name> not found
Custom log format references a field symbol that does not exist. Refer to ログフォーマット.
Missing field for field marker
ログバッファーを読み込み中のエラーです。
Unable to open log file <filename>, errno=<error number>
ログファイルが開けません。
Error accessing disk <disk name>
Traffic Server がキャッシュの読み込みに問題を抱えているかもしれません。ディスクを交換する必要があるかもしれません。
Too many errors accessing disk <disk name>: declaring disk bad
Traffic Server は過度なエラーに遭遇したためキャッシュディスクを使用していません。ディスクが壊れているかもしれないので交換する必要があるかもしれません。
No cache disks specified in storage.config file: cache disabled
The Traffic Server storage.config file does not list any cache disks; Traffic Server is running in proxy-only mode. You must add the disks you want to use for the cache to storage.config.

Alarm Messages

[Rollback::Rollback] Config file is read-only: <filename>
Traffic Server の config ディレクトリで指示されたファイルのパーミッションを確認し、必要であれば変更してください。
[Rollback::Rollback] Unable to read or write config file <filename>
Traffic Server の config ディレクトリで指示されたファイルが存在することを確認してください。パーミッションを確認し、必要であれば変更してください
[Traffic Manager] Configuration File Update Failed: <error number>
Traffic Server の config ディレクトリで指示されたファイルのパーミッションを確認し、必要であれば変更してください。
[Traffic Manager] Mgmt <==>Proxy conn. closed
traffic_server プロセスが落ちていることを知らせるための情報提供メッセージです。
Access logging suspended - configured space allocation exhausted.
イベントログファイルに割り当てられた領域が満杯です。アクセスのロギングを続けるために領域を増やすかいくつかのログファイルを削除しなければなりません。このエラーを防ぐためには、ログファイルをより頻繁にロールし、自動削除機能を有効化することを検討してください。
Access logging suspended - no more space on the logging partition.
イベントログを含むパーティション全体が満杯です。アクセスのロギングを続けるためにいくつかのログファイルを削除もしくは移動しなければなりません。このエラーを防ぐためには、ログファイルをより頻繁にロールし、自動削除機能を有効化することを検討してください。
Created zero length place holder for config file <filename>
Traffic Server の config ディレクトリで指示されたファイルを確認してください。もしたしかに長さがゼロの場合、設定ファイルのバックアップコピーを使用してください。
Traffic Server could not open logfile <filename>
指示されたファイルとロギングディレクトリのパーミッションを確認してください。
Traffic Server failed to parse line <line number> of the logging config file <filename>
カスタムログ設定ファイルを確認してください。シンタックスエラーがあるかもしれません。正しいカスタムログのフォーマットフィールドについては カスタムログギングフィールド を参照してください。
vip_config binary is not setuid root, manager will be unable to enable virtual ip addresses
traffic_manager プロセスがバーチャル IP アドレス を設定できません。Traffic Server の bin ディレクトリにある vip_config ファイルに対して setuid root しなければなりません。

クライアントに送信される HTML メッセージ

Traffic Server returns detailed error messages to client browsers when there are problems with the HTTP transactions requested by the browser. These Traffic Server response messages correspond to standard HTTP response codes, but provide more information. A list of the more frequently encountered HTTP response codes is provided in HTTP Status Codes.

The error messages can be customized. The actual response is generated from a template. These templates are stored in files which means the errors responses can be customized by modifying these files. The default directory for the template files is PREFIX/body_factory/default but this can be changed by the configuration variable proxy.config.body_factory.template_sets_dir. All files in this directory are added to a lookup table which is consulted when the error message is generated. The name used for lookup is by default that listed in the following table. It can be overridden by proxy.config.body_factory.template_base which, if set, is a string that is prepended to the search name along with an underscore. For example, if the default lookup name is cache#read_error then by default the response will be generated from the template in the file named cache#read_error. If the template base name were set to "apache" then the lookup would look for a file named apache_cache#read_error in the template table. This can be used to switch out error message sets or, because this variable is overridable, to select an error message set based on data in the transaction.

The text for an error message is processed as if it were a custom logging format which enables customization by values present in the transaction for which the error occurred.

次の表はハードコードされた Traffic Server の HTTP メッセージを、対応する HTTP レスポンスコードとカスタマイズ可能なファイルとともに一覧表示しています。

Access Denied
403 You are not allowed to access the document at location URL. (あなたは URL にあるドキュメントへのアクセスが許されていません。) access#denied
Cache Read Error
500 Error reading from cache; please retry request. (キャッシュ読み込み中のエラーです。リクエストをリトライしてください。) cache#read_error
Connection Timed Out
504 Too much time has elapsed since the server has sent data. (サーバーがデータを送信してから時間が経過しすぎました。) timeout#inactivity
Content Length Required
400 Could not process this request because Content-Length was not specified. (Content-Length が指定されなかったためリクエストを処理できませんでした。) request#no_content_length
Cycle Detected
400 Your request is prohibited because it would cause an HTTP proxy cycle. (リクエストが HTTP プロキシー循環を引き起こすのでリクエストは禁止されました。) request#cycle_detected
Forbidden
403 <port number> is not an allowed port for SSL connections (you have made a request for a secure SSL connection to a forbidden port number). <ポート番号> が SSL 接続で許可されていないポートです (禁じられたポートに SSL 接続のリクエストを行いました) 。access#ssl_forbidden
Host Header Required
400 An attempt was made to transparently proxy your request, but this attempt failed because your browser did not send an HTTP Host header. Manually configure your browser to use http://<proxy name>:<proxy port> as the HTTP proxy. Alternatively, end users can upgrade to a browser that supports the HTTP Host header field. (リクエストを透過的にプロキシーするよう試みましたが、ブラウザが HTTP Host ヘッダーを送信しなかったため失敗しました。ブラウザが http://<プロキシー名>:<プロキシーポート> を HTTP プロキシーとして使うように手動で設定していください。もしくは、エンドユーザーが Host ヘッダーをサポートするブラウザーにアップグレードすることもできます。) interception#no_host
Host Header Required
400 Because your browser did not send a Host HTTP header field, the virtual host being requested could not be determined. To access the website correctly, you must upgrade to a browser that supports the HTTP Host header field. (ブラウザーが Host HTTP ヘッダーを送信しなかったので、リクエストされているバーチャルホストを決定できませんでした。Webサイトに正しくアクセスするためには HTTP Host ヘッダーをサポートしているブラウザーにアップグレードしなくてはなりません。) request#no_host
HTTP Version Not Supported
505 The origin server <server name> is using an unsupported version of the HTTP protocol. (オリジンサーバー <サーバー名> はサポートされていないバージョンの HTTP プロトコルを使用しています。) response#bad_version
Invalid Content Length
400 指定された Content-Length が無効 ( 0 未満 ) だったためリクエストを処理できなかった。request#invalid_content_length
Invalid HTTP Request
400 Could not process this <client request> HTTP method request for URL. (URL への クライアントがリクエストしたメソッド HTTP メソッドを処理できませんでした。) request#syntax_error
Invalid HTTP Response
502 The host <server name> did not return the document URL correctly. (<サーバー名> というホストは URL のドキュメントを正しく返しませんでした。) response#bad_response
Malformed Server Response
502 The host <server name> did not return the document URL correctly. (<サーバー名> というホストは URL のドキュメントを正しく返しませんでした。) response#bad_response
Malformed Server Response Status
502 The host <server name> did not return the document URL correctly. (<サーバー名> というホストは URL のドキュメントを正しく返しませんでした。) response#bad_response
Maximum Transaction Time exceeded
504 Too much time has elapsed while transmitting document URL. (URL のドキュメントの転送に時間が経過し過ぎました。) timeout#activity
No Response Header From Server
502 The host <server name> did not return the document URL correctly. (<サーバー名> というホストは URL のドキュメントを正しく返しませんでした。) response#bad_response
Not Cached
504 This document was not available in the cache, and you (the client) only accept cached copies. (このドキュメントはキャッシュ内で有効ではなく、あなた (クライアント) はキャッシュのコピーのみを受け入れます。) cache#not_in_cache
Not Found on Accelerator
404 The request for URL on host <server name> was not found. Check the location and try again. (<サーバ名> 上の URL へのリクエストは見つかりませんでした。位置を確認してもう一度試してください。) urlrouting#no_mapping
NULL
502 The host <hostname> did not return the document URL correctly. (<ホスト名>URL のドキュメントを正しく返しませんでした。) response#bad_response
Proxy Authentication Required
407 Please log in with username and password. (ユーザー名とパスワードでログインしてください。) access#proxy_auth_required
Server Hangup
502 The server <hostname> closed the connection before the transaction was completed. (サーバー <ホスト名> はトランザクションが完了する前に接続を閉じました。) connect#hangup
Temporarily Moved
302 The document you requested, URL, has moved to a new location. The new location is <new URL>. (リクエストしたドキュメント URL は新しい場所に移動しました。新しい場所は <新しいURL> です。) redirect#moved_temporarily
Transcoding Not Available
406 Unable to provide the document URL in the format requested by your browser. (URL のドキュメントをブラウザーが要求した形式で提供することができませんでした。) transcoding#unsupported
Tunnel Connection Failed
502 Could not connect to the server <hostname>. (サーバー <ホスト名> に接続できませんでした。) connect#failed_connect
Unknown Error
502 The host <hostname> did not return the document URL correctly. (<ホスト名>URL のドキュメントを正しく返しませんでした。) response#bad_response
Unknown Host
500 Unable to locate the server named <hostname>; the server does not have a DNS entry. Perhaps there is a misspelling in the server name or the server no longer exists; double-check the name and try again. (<ホスト名> と名付けられたサーバーを見つけられませんでした。サーバーは DNS エントリーを持っていません。おそらくサーバー名のスペルミスもしくはサーバーがもう存在していません。名前をダブルチェックしてもう一度試してください。) connect#dns_failed
Unsupported URL Scheme
400 Cannot perform your request for the document URL because the protocol scheme is unknown. (プロトコルスキームが不明なため、ドキュメント URL へのリクエストを行えません。) request#scheme_unsupported